Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dpstyle2007.blog97.fc2.com/tb.php/14-08498318

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アメリカ取材おぼえがき(9)

070222_1
フロリダ・ベロビーチにある、ドジャースのキャンプ施設内にあるプレスルーム
今日は滞在中の過ごし方について、少し書いてみたいと思います。
シリーズ(1)にも書きましたが、どんな場所に行こうとも、僕らの仕事は基本的には何も変わりません。逆説的に言えば「やっていることは一緒なんだから『国が違う・環境が違う』から良い仕事ができないというのはただの言い訳に過ぎない」のではないでしょうか。
ではそうならないためには、どうしたらいいか?

私がいつも心がけているのは「普段通りに過ごす」ということです。
行動パターンを、東京にいるときと極力同じにしておけば(逆な見方をするならば「東京での過ごし方を海外にいるときと同じに合わせれば」)そう戸惑うこともありませんし、そもそも私達と生活様式が極端に違うわけでもないので、自分が普段生活している中で「これだけは譲れない」という所だけ押さえておけば、比較的快適に過ごせるのではないかと思います。
私が最近いくつか心がけていることを記しておきます。

1.よく食べてよく眠る
これは本当に当たり前のことですが、このどちらかを欠いたら、かならずどこかでツケが来ます。新聞社や通信社の方だと、滞在が二ヶ月以上の長期になる場合もあるので「炊飯器を持参して自炊」という話も聞きます。私はそこまではしていませんが、米の飯が食べたくなったら、アジア系のお店に行ってそういうメニューを食べたりしています。大都市に行けば必ず日本料理店はありますが、お値段が割と高めですし、作っている人が日本人でない場合「見た目からは想像もつかないようなお味」の品物がでてきてしまうこともあるので、最近はフードコートなどに行くとよくあるこんなお店(似たテイストのお店は沢山あります)に行ったりしています。タイ料理・ベトナム料理などで良い店にあたると、結構おなか一杯になるまで食べてしまいます。
070330_9
ある日のお昼ごはん。米は割とパサパサしたタイ米みたいな感じです。

また「睡眠」ですが、日本とは約半日時差があることを考えると、到着してから二~三日は特に気を付ける必要があります。クルマを運転しているときに眠気が来たら最悪だからです。国が広大なアメリカの場合、東海岸と西海岸でも時差がありますので「西海岸で一泊してから東海岸に飛ぶ」方がいい、という方もおられるようです。私の場合は(そこまで時間もお金も余裕がないので)フロリダに着いたら「さっさとホテルに入ってとにかく寝る。翌朝はきちんと現地朝時間に起きて、そこからリズムを合わせる」ようにしています。

2.シャワーではなく、風呂につかる
重い機材を担いで長時間歩くと、知らず知らずの内に身体に疲労が蓄積されていきます。ホテルの部屋でストレッチなどするのはもちろんですが、バスタブに20分くらい浸かるだけでも、随分違うような気がします。今回初めてこんなものを持参してみたのですが、確かにリラックス効果はあったと思います。
しかし彼の国の場合「バスタイム=身体を洗う」という認識なのか、バスタブがあっても栓が壊れていてお湯をためることができなかったり、シャワーブースしかない部屋に泊まってしまったこともありました。こういう時はいさぎよくあきらめて、プールにジャグジーがあったらそちらで暖まるしかなさそうです。

3.時間に余裕を持って行動する
この時期の取材も既に11年目に入りましたので、キャンプ施設とホテルの位置関係などは大体頭に入っていますが、それでも時間には余裕を持って行動するようにしています。街の開発が進んでいる地域ですと、一年前来たときとがらりと様子が変わってしまい(道路のレイアウトが全く変わってしまうケースもざらにあります)目的地を見失ってしまうこともあるからです。
また平日朝の時間帯は特に要注意です。スクールバスが走っているからです。スクールバスが生徒の乗降のために停まるときは、周囲の交通も全て止まらなければいけません。(これは我が国にはないルールなので理解しづらいようですが、ここでルール違反をすると通常の交通違反よりも更に厳しい処罰があるとされています)同じ理由で学校周辺の道路も速度規制などがありますので注意が必要です。

4.安くて広い部屋に泊まる
インターネットでホテルを探すと、そのホテルにある部屋のタイプと値段を見比べることができます。このとき「同じ値段でより広い部屋」があったら、迷わず広い部屋を選ぶようにしています。
それがもし自分の部屋だったとしたら「掃除するのが大変」となりますが、ホテルなら自分で掃除する必要はありませんので、できるだけ広い部屋にした方が(機材を拡げたり荷物を広げたりする上でも)何かと便利です。

部屋で思い出しましたが、ここ数年で急速にブロードバンド化も進み、私が泊まるような安いホテル(一泊$80未満)でも無線LAN完備のホテルが増えてきました。回線スピードは日本のソレに比べると今ひとつの所が多いですが、それでもほんの4年前、ダイヤルアップの回線を使って重いデータを一晩かけて送ったのが、今となっては昔話なのですから隔世の感があります。

このシリーズ、随分長々と書いてしまいました。
もうすぐ三月も終わりますので、次回で最終回にしたいと思います。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dpstyle2007.blog97.fc2.com/tb.php/14-08498318

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

DPstyle

Author:DPstyle

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。