Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dpstyle2007.blog97.fc2.com/tb.php/480-649fa75f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

一脚パッド

100127_01
何かのアンケートに当たったとかで、某社から一脚パッドを頂戴しました。
この「一脚パッド」というアイテム、超望遠レンズを使う人以外には全く意味を持たないと断言できるくらい「知られざるアイテム」でして、実際これが送られてきた人の多くは「?」という感じらしいです。(あくまで伝聞ですが)

私の使い方に合うパッドが、以前使っていた他のカメラメーカー製のものしかなかったのでずっとそれを使ってきたのですが、最近はこういうお仕事もしていることを考えると「C社さんで出してくれればいいのに」と思っていたので、ちょうど良かったというのが正直なところです。(実はリンク先に貼ってある画像では、某社のロゴを消した画像を使っています。誰かに言われたのではなく、なんとなく気になって自主的にそうしました)

一脚が二本並んでいますが、C社の超望遠レンズは雲台部のネジが小ネジオンリーのものと、太ネジ小ネジ両方あるタイプのレンズがあるため、今でもこうやって二本準備しています。誰かもらったパッドを使わない方、もう一本の方も取り替えたいので捨てないで私にください(笑)。
以前はカメラメーカーも、こういった販促用(?)アイテムを沢山配っていて、有名なところでは「プロストラップ」(テレビ写りを意識した、派手なデザインのカメラストラップ)やフィルムポーチなどもありました。大規模なスポーツイベントともなると、入場者の眼に触れることや、テレビ放映での宣伝効果もあると考えたのでしょう。

ただそれだけのアイテムだったんですが、こういう販促品を異常に欲しがったり、アリもしない話を捏造して「プロなら必ず持っているアイテム」「取材現場の通行証代わり」みたいな都市伝説が囁かれていたことを思い出します。それに伴っておかしなことをする人たちも出てきて「???」と思ったこともありましたが、デジタル化の波が一段落した今、そんな小道具(笑)にこだわる人もどこかに消えてしまったようです。どこ行っちゃったんでしょうね。

情けないなぁと思ったのは、そうやってメーカーからタダでもらったモノをオークションなどで売って小遣い稼ぎする人が結構な数いたこと。某メーカーなど、大量に売りさばく人がいたので犯人捜しに躍起になり、全然関係ない人がとばっちりを受けたなんて噂も聞きました。「なんなんだかなぁ」って感じの話ですし、なによりそんな小遣い稼ぎしなければならないほどの仕事と見られるのが一番腹立ちましたね、あのころは。

ただデザインは別にして、ストラップは「長時間肩からぶら下げる」ことを考慮され作られていた=使い勝手が良かったのは事実ですし、今回頂戴した一脚パッドにしても「長時間超望遠レンズ付きボディを持ち歩いて写真を撮る」ということをやった人間なら、そのありがたみが分かるはずです。材質やデザインが云々とタダでもらったモノにケチ付ける人もいるみたいですが、そんな人にまでばらまくよりも「売ってほしかった」というのは、私のワガママですね。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dpstyle2007.blog97.fc2.com/tb.php/480-649fa75f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

DPstyle

Author:DPstyle

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。